アンカー 日産スタジアム サイクルパークフェスティバル

参加可能な自転車の種類

●当大会に参加が可能な自転車例

■ロードバイク
元々、公道 で行われる自転車競技に使われる競技用自転車。細い高圧タイヤと、ドロップハンドルが特徴的で、走行スピードが速い。最近は通勤通学などに利用される場合も多い。

【当大会 参加可能カテゴリー】
ロードソロ、ロードチーム、車種混成チーム、 ファミリー、女子、レースデビュー

■マウンテンバイク
山や丘などのオフロードを走るスポーツ又は娯楽用の自転車として米国で開発された自転車。タイヤが太くフレームも頑丈な作りの為、悪路での走行も可能だが、舗装路での走行時には抵抗が大きくスピードが出にくい。

【当大会 参加可能カテゴリー】
フラットバー、 車種混成チーム、ファミリー、女子、レースデビュー

■クロスバイク
ロードレーサーとマウンテンバイクを足して2で割ったような自転車。ハイブリッド(雑種)バイクとも言う。バイクによってはロードレーサーに近いタイプ、マウンテンバイクに近いタイプなどがある。

【当大会 参加可能カテゴリー】
フラットバー、 車種混成チーム、ファミリー、女子、レースデビュー

■ミニベロ
フランス語で、自転車のことを"VELO"と言うことから、小さい自転車のことをミニベロと呼ぶ。小径車ともいう。車輪が小さいので転がり抵抗は大きい。小回りが利くため街乗りにも便利。

【当大会 参加可能カテゴリー】
小径車、車種混成チーム、 ファミリー、女子、レースデビュー
※当大会は、タイヤが22インチ以下とします。
※1 フラットバー形状のミニベロのみ、フラットバー参加可

■フォールディングバイク
車、電車、バス、船および飛行機などで運搬するために、工具を使わずに折りたたみ出来るようにした自転車。

【当大会 参加可能カテゴリー】
小径車、車種混成チーム、 ファミリー、女子、レースデビュー
※当大会は、タイヤが22インチ以下とします。
※1 フラットバー形状のミニベロのみ、フラットバー参加可

■ママチャリ
シティサイクル、軽快車といわれる実用車。買い物用前カゴが特徴的。

【当大会 参加可能カテゴリー】
車種混成チーム、ママチャリ、ファミリー、 女子、レースデビュー
※当大会では、前かごが付いた自転車で、いわゆる家庭用のママチャリとします。

 

●当大会参加不可の自転車例

■リカンベント
空気抵抗を減らすために、後方へ傾いた背もたれにもたれて、ペダルを漕ぐ自転車。リカンベントとは、その乗車姿勢を表現しており、「横たわる、もたれかかる」の意味。

当大会では、リカンベントでの出走は禁止です。

■補助バー
単独走行は、空気抵抗を強く受けます。補助バーを使いこなし、エアロポジションがしっかり身に着くと、空気抵抗は、劇的に軽減される。

当大会は、スピナッチ、ブルホーン、DHバーや アタッチメント方式で取り付けるタイプの補助バーを装着しての出走は厳重に禁止します(ブルホーン形状で販売されている車体も禁止です)。

■タンデム
複数のサドルとペダルを装備し、複数人が前後に並んで乗り同時に駆動することができる自転車。1人乗りの自転車よりも高速走行に有利とされる。

当大会では、タンデムでの出走は禁止です。

 

 

●車両規定

  1. 各カテゴリーの使用車種をよくご確認の上、お申し込みください。
  2. 参加者が使用できる自転車は、フリーホイール式で前後のブレーキが完全なものとします。参加者は、自己の責任で自転車の整備を行なってください。
  3. 使用する自転車はレースでの走行に耐える強度を備え、整備された自転車である事を義務付けます。
  4. 電動アシスト付自転車、タンデム車、リカンベント車での参加はできません。
  5. ブルホーン、DH、クリップオン、スピナッチタイプ、その他アタッチメントバーの使用は素早いブレーキ操作の妨げになるため認められません。フラットハンドルバー使用の車種のみエンドバーの使用を認めます(ブルホーン形状で販売されている車体も禁止です)。
  6. 片足スタンドは必ず外して走行してください。
  7. 車両規定を満たしていない場合、改造車両で主催者が危険と判断した場合は、出走できない場合がありますので、予めご了承ください。なお、レース中に違反している自転車が発見された場合、レースに参加することができなくなる事や順位・記録の取り消しをする事があります。
top
(C)Yokohama Sports Association. All Rights Reserved.