アンカー 日産スタジアム サイクルパークフェスティバル

競技規則

■参加注意事項

□大会参加にあたって
  1. 健康管理に細心の注意を払い、主催者が設けた全ての規約、規則、指示に従ってください。
  2. 大会及び付帯行事で発生した事故に対して、自己の責任おいて一切の処理をしてください。
  3. 参加者は大会の安全開催・円滑な運営に努め、主催者・管理者並びに参加者・関係者の誹謗・中傷を行ってはなりません。
  4. 安全にレースを行なうため、全ての参加者は「コースマーシャルの指示」を順守してください。
  5. 参加者は必ず試走を行ない、当日のコース状況、路面状況を把握してください。試走していない参加者は失格となります。なお円滑に大会を運営するため、試走時間外にはコースの走行を禁止します。
  6. ウレタン保護のためスタジアムトラック及びピットエリア(レース中の補給を含む)での真水以外の飲食は厳禁です。飲食をされる場合はスタンドでお願いします。
  7. 日産スタジアム敷地内は自転車での走行は禁止となっています。必ず自転車から降りて通行してください。
  8. ピットエリアを広くご利用いただくためにバイクラックを設置します。ご自由にお使いください。
□競技について
  1. 参加者は、レース前に行う主催者による競技注意点の説明を聞いてください。
  2. 参加者は、他の参加者を押したり、走路を横切るなどの危険走行をしてはいけません。そのような妨害行為をした参加者は失格となります。
  3. 追い越し、追抜きは原則左側から行い、遅い参加者は右側を走行してください。
  4. 追い越し、追い抜きをする際は、追い越し、追い抜きされる参加者に必ず声をかけてください。気持ちのよい声がけを心がけましょう。
  5. 参加者は、追い抜いた自転車の前方コースに入る場合は、約3m以上先行してからコースに入ってください。
  6. 参加者は、ピットレーン走行中、原則として他の参加者を追い抜く事を禁止します。
  7. 参加者は、レース中は大会運営スタッフの指示に従ってください。
  8. 参加者は、レース中に主催者および救護スタッフからレースの中止を命じられた場合、直ちに競技を中止してください。
  9. 参加者は万一重大な事故、緊急を要する事態が発生した場合、大会運営スタッフの指示に従うと共に、安全な状況の確保に努めてください。
□車両規定
  1. 各カテゴリーの使用車種をよくご確認の上、お申し込みください。
  2. 参加者が使用できる自転車は、フリーホイール式で前後のブレーキが完全なものとします。参加者は、自己の責任で自転車の整備を行なってください。
  3. 使用する自転車はレースでの走行に耐える強度を備え、整備された自転車である事を義務付けます。
  4. 電動アシスト付自転車、タンデム車、リカンベント車での参加はできません。
  5. ブルホーン、DH、クリップオン、スピナッチタイプ、その他アタッチメントバーの使用は素早いブレーキ操作の妨げになるため認められません。フラットハンドルバー使用の車種のみエンドバーの使用を認めます(ブルホーン形状で販売されている車体も禁止です)。
  6. 片足スタンドは必ず外して走行してください。
  7. 車両規定を満たしていない場合、改造車両で主催者が危険と判断した場合は、出走できない場合がありますので、予めご了承ください。
  8. 車両全般において、主催者がレース走行において危険と判断した改造された車両を発見した場合、安全のためにもその場でレース出走を禁止させていただく場合があります。予めご了承ください。
    例)サドルのない自転車など
□車両規定違反について
  1. 当日もしくは後日、車両規定に違反している自転車を発見した場合、レースに参加することができなくなる事や順位・記録の取り消しをする事があります。
  2. ご自身の自転車が規定に合うか不明な場合は、必ず事務局まで事前にお問い合わせください。
□装備について
  1. 試走・レースでコースを走行する場合は必ずヘルメット(カスクは不可)及び手袋を着用してください。
  2. 参加者は、アイウェア・スクイズボトル・腕時計の装着・携行は認めますが、脱落しないようにしてください。また、ガラス容器、その他危険物を携行することは禁止します。
  3. 参加者は、携行した飲料をレース中に飲用できますが、アルコール類、興奮剤等の薬品を用いることは禁止します。また、ウレタン保護のためスタジアムトラック及びピットエリア(レース中の補給を含む)での真水以外の飲食は厳禁です。
  4. 参加者は、受付で配布された指定のゼッケンを腰の右側の見える位置に取り付けてください。
□レース中のトラブル
  1. レース中に起きた事故はどのような場合でも大会本部まで届け出てください。常駐の医師、看護師、救護スタッフが傷害の度合いによって対応します。なお、医務室はメインスタンド中央階段からスタンド下に降り、ホール内の右手にあります。
  2. 事故、落車による怪我等に関しては、主催者加入による傷害保険範囲内からの補償となります。補償内容に不安のある方は、各自で別途、保険にご加入ください。
  3. メカトラブル等で停車する場合は手を挙げるなどして周囲に停車することを知らせた後、周りをよく見て速やかにコースの端に寄り、近くのフラッグマーシャル・大会運営スタッフに声を掛けてください。
top
(C)Yokohama Sports Association. All Rights Reserved.